大邱·庆北 经济自由区, 衷心欢迎您访问大邱市官方网站。

HOME > 広報室 > 最近のニュース

  • twitter
  • facebook
  • 打印


大邱慶北経済自由区域庁、米国の繊維機械製企業を投資誘致

2015-12-10 00:00:00

ライター

管理者

読む

2216

グループ

大邱慶北経済自由区域庁、米国の繊維機械製企業を投資誘致
-12.9(水)アメリカテキサス州のダラス市でMOU締結

DGFEZは12月9日(現地時間)アメリカのテキサス州ダラス市にて大邱地域の染色メーカー(株)新ギョンイル染織とロードアイランド州ポータケット市に所在するゼネラルファブリックス(General Fabrics Co.)が共に大邱慶北経済自由区域地区内に染織機械の製造工場を設立するという合弁投資了解覚書(MOU)を交わした。

特に今回の了解覚書の締結はDGFEZがさる9月庁舎を大邱テキスタイルコンプレックスに移転した以来、地域内繊維産業の高度化及びグローバル化のため積極的な支援を行った結果であって、繊維に関する地区内の初外国人投資誘致ということから大きい意味を持つ。

また投資を決定したゼネラルファブリックス社は1951年設立された繊維テキスタイルメーカーで新ギョンイル染織と合弁会社を設立し2016年から総計1,000万ドルを投資する予定で大邱テクノポリス経済自由区域の9,900㎡敷地に繊維デジタルプリント機械の製造工場を建設する計画だ。

DGFEZのド・ゴンウ庁長は「大邱地域内の繊維産業がこれまでの汎用産業から高機能・高付加価値
繊維素材産業と関連機械産業へと進化しているところに注目している。これからも地域の特化産業として繊維産業がより一層跳躍できるように全力で支援していくつもりだ。」語った。

お問合せ) 誘致1部 ソン・ソヒョン 
      Tel:+82-53-550-1926 E-mail:ssh1203@korea.kr

list





  • next
  • prev